自宅でできる 誰でもできる 暮らしを支援

一般財団法人 在宅ケもの・こと・思い研究所

お知らせNEWS

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます シニアや難病など多様なみなさまを在宅訪問して福祉・医療用具や日用品の扱いやすさを引き続きヒアリングしていきます

在宅ケアもの・こと・思い研究所は、経済産業省の「在宅ヘルスケア支援における製品及びサービス等のアクセシビリティ配慮に関する国際標準化事業」(平成30年4月~平成31年2月)の受託機関です。在宅に暮らす多様なみなさまが使う福祉用具や医療機器、日用品などの扱いやすさについて調査しています。

(医療や介護の従事者、在宅に暮らす当事者、標準化の専門家などが定期的に集まって調査をすすめています)