自宅でできる 誰でもできる 暮らしを支援

一般財団法人 在宅ケもの・こと・思い研究所

お知らせNEWS

New!ICT支援機器「試着体験会」や身体障がい者「eスポーツ大会」開催に向けた活動を応援しています

在宅ケアもの・こと・思い研究所は、ICT(※)支援機器の試着体験・相談会や身体障がいを有する方のeスポーツ大会の開催を目指すとともに、これらから得た成果・知見の情報公開・共有を目指す作業療法士さんの活動を応援しています。(※情報通信技術:Information and Communication Technology)
当事者視点によるこれらの取り組みや経験が、在宅に暮らす多様なみなさまが使うさまざまな製品・道具類の扱いやすい設計(アクセシブルデザイン)の研究・普及にもいかされることを期待します。

◇ 関連情報
「『たとえ重い障害があっても、ICTを使えば社会とつながれる!』作業療法士は伝えたい、届けたい」
☆ 作業療法士によるクラウドファンディング(和歌山県ふるさと納税型)☆

※株式会社MotionGalleryによるクラウドファンディングのサイトが表示されます